女性

礼金なしで住める賃貸情報|物件探しの注意点

賃貸物件の特徴

女性

住まいを借りる賃貸住宅は多くの人が利用することになります。大抵は2年契約で借りる形となり、契約を更新して住み続けます。人気が高い部屋は駅からの近い便利な立地のものや、南向きで風通しが良い住みやすい部屋です。

もっと読む

物件の必要性

間取り

賃貸物件についてはマンションやアパートが代表的となっています。広島でもこの傾向は同じであり、多くの方が居住しています。居住されている場所としては、交通機関やスーパーが点在するところが人気となっています。

もっと読む

お洒落な家族向けの家

ビル

標準的な子育て中の世帯でも入居しやすいのが賃料20万円以内のデザイナーズ物件であり、こまめに情報をチェックするのが、良い物件を見つけるコツです。インテリアにこだわることができる賃貸マンションも多数あり、郊外であれば広い物件も選びやすいです。

もっと読む

賃貸マンションを借りる

スーツ

初期費用がかかります

就職や進学などをきっかけにして、親元を離れて一人暮らしを始める人がたくさんいます。新生活を始める場所にある不動産会社に足を運び、賃貸マンションを探すという方法をとるのが一般的ですが、月々の家賃だけを見て借りる部屋を決めてしまってはいけません。なぜかというと、賃貸マンションを借りる際には、家賃とは別に必ず初期費用がかかるからです。地域によって初期費用の額が異なっていますが、関東地方の場合は概ね家賃6ヶ月分、関西地方の場合は8〜12ヶ月分程度の初期費用がかかります。関西地方の初期費用が高くなっているのは、敷引きという独特の商慣習があるためです。ただし、賃貸マンションの中には、礼金なし物件や仲介手数料なし物件があります。礼金なし物件を借りる場合であれば、初期費用の額を1〜2ヶ月分位安くすることができます。この差はかなり大きいので、家賃だけでなく初期費用の内訳についても、しっかりとチェックしてみることが大切です。

礼金とは

賃貸マンションを借りる際には必ず礼金と敷金がかかるものだと思い込んでいる人が多いですが、法的な根拠のある費用ではありません。敷金は、退去時の原状回復費用に充てる預託金的意味合いを持つ費用なので、余った場合は返してもらうことができます。しかし、礼金の方は返してもらうことができません。礼金というのは、その名が示している通り、家を貸してくれる大家に対するお礼として支払う費用です。戦後の住宅難時代であれば礼金を支払ってでも家を貸してほしいと考える人が多かったでしょうが、賃貸物件が余っている現代ではありえないことです。現実的には、礼金なしにしてもよいから誰かに部屋を借りてほしいと考える大家が増えています。そのため、礼金なしの賃貸マンションがたくさん出回っています。また、礼金ありになっている物件でも、交渉次第で礼金なしにしてもらえる可能性が残されています。